Saturday, September 25, 2010

Paul C, Rick Rubin, and...

R.I.P. David "Funken" Klein [3/11/64 - 9/24/95]

Dedicate to David "Funken" Klein who established a legendary hip-hop label Hollywood Basic. His exploit is hooking up japanese hip-hop as well as digging up nameless talents. I'm fuckin' and funken b-boy, so big and maximum love to all of Hollywood Basic joints. I felt these sounds contains flavor of Paul C and Rick Rubin, and I like this notations "Queen/We Will Rock You(
Ruined by Rick Rubin)" and "Queen/Another One Bites The Dust(Long-Dusted B-Boy Version)". Nuff Respect to Funken Klein, I def keep playing these hits forever. All hip hop activist in the world must know his achievement and follow them.

If you wanna know his thought, check>>>>>this out y'all. It's articles of The Source mag "Gangsta Limpin" will hits your b-brain!! And I'm still searchin a casette of basic sampler and record case of hollywood basic. If u know some info, hit me guys!!!

>>Download The Basic Beats Sampler


昨日は15年前にガンで亡くなられた、ファンケンクラインの命日でした。

彼はニューヨークでRush Associated Labels,Rhythm Method,Red Alert Productions, LAでのPriority RecordsでA&Rとして手腕をふるいながら下積みを経て、ディズニー出資の元”
Hollywood Basic”を立ち上げ、Organized Konfusion,
Lifers Group,
Raw Fusion,
DJ Shadow,
Zimbabwe Legit...
熱い面子を発掘してはリリースしていました。そして正規リリースはなかったんですがPeanut Butter Wolf & Charizma (RIP) も,,,(ブート盤で購入可能です)。

リックルービンの影響もあり、非黒人好みのフレイバーも入った上に、ポールCの遺伝子も垣間みれる素晴らしい内容。個人的にムチャクチャ大好きなレーベルです。レーベルデザインも含め、何かこうグッと来る奥の深みがあると思います。

Organized KonfusionはStressのリリックでディズニーに対して、プロモーション費用の少なさに文句を言っていますが、当時売れていなかったとしても、 他のDef Jam等のクラシックス同様、いやそれ以上に、珠玉の名作群として現在に受け継がれています。

昔、大須のグレヒにはいったとたん”青いジャケ”が掛かっているのが見えた時は、興奮して走り寄り、シングル7500円くらいでも即買いしたりして、、、。正規再発のレコードの薄さや音質も良かったです。とにかく全作品気合いで集めました。

今となってはオリジナルでもA-1でけっこう安く出てたりして、、つい手に取ってじっくり眺めてしまいます。ただ2つゲットしていないBASIC SAMPLERのカセットとレコードケース!これは未だに探しています。。

そしてファンケンクラインのことでもう一つ、大きな声を上げて言いたい事。それは、90年代初頭、誰よりも早く日本のシーンに着目して、フックアップしていたこと。

今自分が実際にアメリカに住んで日本人としてヒップホップをやっていると、色々と感じる事。。それを踏まえると、彼の功績の偉大さを痛感します。





今日はファラオモンチのベスト盤を聴いていました。

ファンケンクラインは昔SOURCE誌で”Gangsta Limpin”というコラムを書いていて、これがそうとうキてます。英語のサイトですが、ランキング等も普通にヤヴァめなので、興味のある方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

ちなみにこのコラムは雑誌”ファイン"に和訳連載されていました。

>>check here

Friday, September 17, 2010

The Album Of The Year and Gospel Psychedelic Rock



I had a shitastic groove at southpow just same time when HOV and Em performed at Yankee Stadium. The Album Of The Year is for real album of the year, Alchemist tweeted about this album so affirmed the winning of him in this year at the beginning of September. This album raises about D hip hop around me.
Breakthrough from tronic expressed history, manner, special atmosphere of D and techno city (big big shout out to Electrifine Mojo, Juan Atkins, Richard Davis) is the next phase with Daru Jones, AB, and Malik the bands as raw, still "Give the drummer some"
By the way this album (of the year) still contains dry and heavy sounds packed mood of that soil.. say raise it up!! Black Milk is as killin me as ever (for the third times as well)
There were magnificent guests such as Pharoahe Monch, Sean Price, Guilty Simpson, Elzhi, Roc Marciano, Talib Kweli, Jean Grae, Rah Digga, and Jay Electronica.
Malik's bass line creep on the floor of southpow heavyyyyy
Daru Jones killed me such as Greg Errico of Santana, David Bowie and Family Stone... soul clap to them.

ひろ君から呼び出しがあり、めっさウンマい焼酎があるということで
イースト村にデッパツした夜の出来事

CHIEI君とワッサして、Achiever's Closetクルーといなせな宴〠


てゆうか焼酎ウンま〜〜〜〜〜〜!!!


デラ欲しいっす、あの焼酎(名前忘れた)


とりあえず濃ゆいファッション談義なんてはさみーの
キムチつっつきーの


宴も酣、いい感じにでき上がったら、いざBROOKLYNにドッパツ☞


ちなみにキャブの中は相当マッドでした。。www


皆と『チェキらっちょバイならっきょ
して、
IRM社長のマイメンKAREEMと合流。


興奮を押さえられないままSOUTHPOWにポッパツしたら
激ナイスすぎるタイミングでBLACK MILKのおでまし!!!


新アルバムはスゲーかっこいいっす。

BROOKLYN HIP HOP FESとFreddie Gibbsのライブ、
そして今回と3回目の体験でしたが、毎回喰らっちまうこの性。

Pharoahe Monch,
Sean Price,
Guilty Simpson,
Elzhi,
Roc Marciano,
Talib Kweli,
Jean Grae,
Rah Digga
そ し て

Jay Electronicaも登場したZE

Soul clap to homie Kareem & his Iron Horce Music!!! Check this out y'all>>>


Friday, September 3, 2010

A visitor in serch of Hip Hop

ATCQ is one of the best in my life.
I have been changed something slowly similar to ripness of sauce. I have crawled like snake on black groove way with counting on my "groovision" like third eye.

It is an adventure going there.

Q-Tip gave me chances to get up marvelous artists for life.
Minnie Riperton, Rotary Connection, Larry and Alphonso "Fonce" Mizell, Weldon Irvine...
It was most especially good thing, "inside my love" changed my life.
My life and my range of music got something blue like mysterious, beautiful and groovy after met that song.


I have my own standard in vinyl or vinyl of the texture in 90's『over or equal to Buckwild but less than Q-Tip 』lol Cal Tjader, his works are borderline such rep.

Further,Ronnie Foster,Gene Harris, Lonnie Smith, we've got jazz..
Phife said "I do my own thing, strictly hardcore tracks" but Indeed, this is it!!!

My adventure turned to South Africa with mind of bossa nova and samba with a wink to"Find A Way" and "Runnin" while listening to The Ummah yes, The Roots, Erykah Badu, Common,,,and confrontation with J Dilla.
I respect to Bob Power, so it was a fateful encounter.
Finally I ended up meeting to Azymuth and Thelma Soares.
It's abbreviation of my story.

love Q-tip's feeling like Kirk Degiorgio.

Thank you for a lot of encounter!!


A TRIBE CALLED QUEST



僕のワンオブザベスト



ステージに
ナウシカの巨神兵ばりに
赤緑出てきてドッキリ




Q-TIP,,, 僕は彼の作った曲を聴いてから、
少しずつ、何かが変わって、、
これは急激な変化ではなく
ゆっくり、時間をかけて
熟成もろみ酢みたいな感じで、、

多分僕は、グルーヴィジョンという名の
第三の眼を頼りに、大冒険に出ているんだと思う。



その大冒険の中での出会い。


まずはMinnie Riperton
そしてRotary Connection

もっと言ってしまえば"Inside My Love"

この曲に魔法が掛かっている事を知ってしまって以来
僕の人生は若干透明な青み(サムシングブルー)がかかっています。
これは青というか、漢字でいうと蒼井優の蒼みたいな感じのなんですが、
説明しづらいっす


ヤーマン


そして、Cal Tjader

僕の中で90年代に人気だった盤もしくはそんな風合いの盤の中には
『BUCKWILD以上Q-TIP以下』という僕独自の基準がありまして、笑
そんなボーダーラインをレペゼンしているのが彼の作品群です。




そして
Larry
and Alphonso "Fonce" Mizell,
Weldon Irvine
この3人との出会い

ヤーマン



さらに







We've Got Jazz....


ファイフが言ってた。

これが"Hard Core Track"


なるほど、


と思ったらまた出会い


33キングからこの盤を買ったのがきっかけで南米へJAM




そして"Find A Way"に目配せをし


J Dillaと対峙し



彼らとの出会い


ものすごいはしょったけど、

とにかく、Q−TIPのKirk Degiorgio的な感覚が大好きです。


トライブ最高です。

沢山の出会いをありがとーう!!


追伸


途中スウィズとバスタ出てきてガチあがりました〜


Thursday, September 2, 2010

Governors Island is never never land



In the end of this summer, Rock The Bells was hosted under the auspices of wack the hells lol I've managed to mostly ease the situation with the monster drink to check the rhyme and beats. You already know this festival is something wack, don't you agree? I am not so anal, just wanna feel soul for musical dope. By the way, I just had been good because of a tribe called quest and wu-tang clan, they were so r.a.w. and extremely ruff mass of hip hop.
I ended up with singing and dancing lol

Frankly speaking I skipped a class of KRS-ONE for SSSC or something. I was not fully satisfied with the time table. Salutery Criminal Minded, as raw dope sp-1200 sounds of ced gee and raps of teacher. I wanted to down with the sound called B-D-P!!!

And also B-boy team battle on the floor made me hot, it reminded me my hood breakers!!!

The day beat me down...


マンハッタンの南のガバナーズ島で、
夏の終わりの〆的な祭りに行ってきました。

その名も"ROCK THE BELLS"



が、




しかし、




島につくまでのフェリーが全然イケてなくて、




揺れる揺れる





右に左にヤンチャに揺れまくってました






僕は耐えきれず、まさかの船酔い地獄





マイナスからのスタート(涙)




このROCK THE BELLS、
とりあえず
面子にそぐわぬ相当チャラい祭ですが、

それも夏。


楽しみたい奴はカモン的な...笑


DJ DONSTA in the land!!!!


スリックリックのジャラジャラは何度みてもイイネ!!
It'sレキシ
ILL BILLかましてたな〜
DJ MUGGS相当熱かったっす!!


RAGE AGAINST THE MACHINEのトムモレロが何と
あのTHE COUPのブーツライリーと組んだバンド,
STREET SWEEPER SOCIAL CLUB!!!
RAGEとTHE COUPだけに、政治的、社会的なリリックで濃ゆいっす。
M.I.A.のカバーとかもやってて音的にもすごいイケてました。
最高だぜ!!!


STREET SWEEPER SOCIAL CLUB from DJ CUTBIRD on Vimeo.


ローリンは格好がオシャレだったけど、シャウト系でJBスタイルに進化。
賛否両論ですが、好きな人は好きなスタイルだと思います笑

MURS & 9TH WONDER - ASIAN GIRL from Pricefilms on Vimeo.


FAT BEATSでMURSにビート渡して来ました。

パーカーはさすがに暑かったです。。




つづく