Sunday, January 24, 2010

TO MY FLAME...

 


大好きなBOBBY CALDWELL がB.B. KINGインダビルディンです!!!!!


中2の時、英語の授業のイッカンで、

バンノ先生に

HEART OF MINEを歌わされたな〜 



ナツカシイ



とにもかくにも

思い入れの強いアーティスト,BOBBY CALDWELL

ニューヨークに来てからアナログ3枚買い直してしまったっす



昔教えてもらったボビー話
(略してボビバナ)



1978年、TKレーベルがボビーのソウルフレイヴァーを買い、

黒人マーケットで売り込もうとして、

デビューアルバム(写真上)のジャケットでわざと顔を影にして見せなかった為

黒人でいっぱいだった初めてのコンサート会場でステージにボビーが登場したとき、

白人ということに客が皆、びっくりしたんだって!!

黒人を唸らすブルーアイドソウル

う〜ん しぶい





肌の色関係なく


素晴らしいソウルミュージックを表現する


ボビーにはパワーもらいまくりです。


高いレヴェルの実験が成功し、

時代に強烈な印象を刻んだ COMMONの名作アルバム

"LIKE WATER FOR CHOCOLATE"


これはただ単純にHIPHOP CLASSICというだけでなく

ドラム、スクラッチ、空気、全ての斬新な質感...

音楽的にミラクルが起こった歴史的に重要な名作。


ソウルクエリアンズが選んだ

”OPEN YOUR EYES”
のメロディは、

ヒップホップのネクストレヴェルへの架け橋になったのです





dweleのカバーも泣かせてくる

沢山のアーティストがボビーのカバーしてるけど、

カバーを聴くとやっぱり、あらためて曲の素晴らしさに気づかされたり、

ボビー本人の魅力を再認識したりします。




僕のヒップホップ論の後押しもあって

AORってゆうよりブルーアイドソウル!


あと、個人的な思い出のw 後押しもあって

ボビーは、ほんとに


ニューヨーク!!!!!!!! って感じがしてしまうなあ。
(フロリダの人なんだけど、そこがさらに、、、)




EAST VILLAGE歩いているとつい歌ってしまうボクがおる




なんだか今夜は松戸に行きたい気分だぜ兄弟...